JR東日本 JR西日本 埼玉 富山 新潟 東京 石川 福井 群馬 長野

【東京→福井 北陸ルート】新幹線+特急ダイナスター乗継で行く!敦賀延伸までのレア特急

 

こちらは東京駅八重洲口、新幹線側の駅舎です。

2024年春の北陸新幹線敦賀延伸を前に、現在は東京駅から鉄道一本で行けない福井駅を目指します

 

東京から福井までの主要な鉄道ルートは、2つあります。

一つは北陸新幹線で金沢駅まで行き、特急サンダーバード号等の特急に乗り換える方法。

もう一つが東海道新幹線ひかり号で米原駅まで行き、特急しらさぎ号に乗り換える方法です。

 

今回は残り半年を切った、北陸新幹線ルートをチョイス。金沢駅からは1日2往復だけ運行している、中々乗る機会が無い特急に乗り換えてみました。



早速 JR東日本の新幹線改札へ。

18:24発の北陸新幹線かがやき515号金沢行きに乗車します。

金曜日の夜ということもあって、全車指定席かがやき号はほぼ満席。なんとか窓側A席のキャンセルを拾いました。

 

ちなみに東海道新幹線ルートの場合、18:33発ひかり657号新大阪行きに乗車することとなります。

どっちの方が早く福井駅に着けるか、その比較もしてみましょう。

 

停車駅はかなり絞られており、上野・大宮・長野・富山・金沢です。

 

今回はJR東日本のE7系新幹線が充当されていました。

 

発車5分前まで清掃が行われており、ドアが開くのは直前という慌ただしさ。

まもなく「敦賀」の文字を見られるようになる、薄紫色のLED表示幕、北陸新幹線へ乗車です。



18:24 東京駅 発

車内ではまだ座席を探している方も行き交う中、東京駅を出発しました。

 

向こうには福井までの競争相手、東海道新幹線もいます。

 

パッチワークのように企業名の輝く、ヨドバシAkibaの横を通過。電気の街から地下へと潜っていきます。

 

東京から北への玄関口、上野駅に到着しました。

お客さんがいない東京行きのホームを眺めていると…

 

復刻塗装のE2系新幹線が現れました!

東北新幹線開業時に走っていた、200系新幹線を再現したものです。

 

山形新幹線つばさ号のE3系新幹線が連結していました。もうすぐ新型車両E8系新幹線がデビューし、新しいつばさ号が誕生します。

 

高架へ登るとはっきりは見られませんが、車両センターが広がっています。

その向こう側にはマンションが林立しており、東海道新幹線より距離感がある郊外夜景です。

 

多摩川を渡って東京都から埼玉県へ。埼京線とピッタリ並走します。

 

上野〜大宮は最高速度が130km/hに制限されており、在来線特急とあまり変わらない走り。新幹線建設時に騒音に関する反対運動があったため、スピードを抑える必要が生まれています。



全ての新幹線が停車する、日本を代表するターミナル駅、大宮駅に到着しました。

こちらからの利用者も非常に多く、ほぼ満席の状態となりました。

 

大宮駅からは東北新幹線が分岐し、E7/W7系新幹線以外のカラフルな新幹線からお別れです。

 

2023年春のダイヤ改正で、上越新幹線大宮〜新潟の最高速度が275km/hに引き上げられました。

そのおかげて北陸新幹線も高崎まで275km/hで走れるようになり、遠慮なくトップスピードで北関東を駆け抜けていきます。

 

今回チョイスした北陸新幹線ルート、登場から8年ですがやっぱり綺麗で快適です。

 

東海道新幹線ではN700Sを狙わないといけない一方、北陸新幹線ならどの列車でも全席コンセントが備わっています。

 

また、東海道新幹線では普通車から廃止されてしまった車内販売ですが、北陸新幹線なら存続しています。

車内でシンカンセンスゴクカタイアイスを味わうことも!



上越新幹線と北陸新幹線が分岐するターミナル、高崎駅を通過しました。

かがやき号は長距離への都市間需要がメインとなっており、高崎駅には停まりません。

 

上越新幹線から北陸新幹線に入り、ここからは最高速度260km/hです。

 

新幹線の秘境駅と言われる安中榛名駅を通過し、長野県への県境を越えます。



東京駅で買ってきました、駅弁をいただきましょう。

「特撰かにめし」と東京クラフトをチョイス。せっかく福井へ行くので、ここで食を堪能します。

 

蟹の形をした容器に詰められ、お箸は伸ばすタイプです。

 

蓋を開けるとキラキラ輝く海の幸。その見た目から楽しませてくれる、弾けそうな美しさがあります。

 

中でもやっぱり一番は、紅ずわいがに。

仄かな香りと共に身がほどけ、蟹ならではの繊細な美味しさです。

 

合わない訳が無い、かに味噌と蟹。

しとーっと滑らかな舌触りに、独特な香りが口いっぱい広がります。

 

爽やかな柑橘のビールで流し込み、夜の新幹線でかなりの楽しみを占めるものです。

 

長野県内の駅を次々と通過、上田駅を過ぎると車内からでも上田城を見られ、かなり驚かされました。

てっきり駅から離れていると思ってたんですが、ライトアップも綺麗だったのでぜひ注目を。

 

日本最長の千曲川を渡る辺りで、まもなく長野駅に到着です。



19:44 長野駅 着

ここでJR東日本からJR西日本の方へ、乗務員さんが交代されます。

本当の会社境界駅はこの先の上越妙高駅なのですが、かがやき号が停車しないため、ここでの交代になっているのです。

 

しなの鉄道北信濃線としばらく並行し、右手には長野車両基地が広がっています。首都圏で役割を終えた車両たちがここに集められたりと、鉄道車両の墓場と言われたりも。

 

しばらくすると田んぼの中へ突入、善光寺平の名を持つ長野盆地の光が、一面の雲を照らしています。

 

上越妙高駅を通過しまして、JR東日本からJR西日本エリアに入りました。

ちょうどこの辺りでワゴンの方が戻っていらっしゃったので、アイスを買いたい方はこのあたりが目安かも。

 

いよいよ北陸へ突入しようというところで、炭酸水を飲みつつの作業。

SUIと言っているくらいなので、酔いも覚めるでしょう…?



親不知の峠を越えて、新潟県から富山県に入りました。

日本一長い新幹線の駅名、黒部宇奈月温泉駅を通過します。2024年延伸区間も含め、北陸新幹線には沢山の温泉駅ができることに。

 

この辺りで三河安城駅的な、もうすぐ富山駅に到着しますよの放送が流れました。

 

JRのディーゼル車両が眠る、車両基地の近くを通過します。富山に残った唯一の特急ひだ号、HC85系もここでお休みしているはずです。

 

東京駅から2時間ちょっとで、富山駅に到着しました。

ホーム上から木が生えてきて屋根を支えているような、素敵なデザインです。

 

富山駅を出るとすぐに神通川を渡り、富山の平野部を駆け抜けます。

 

新高岡駅を通過、開業直後は一往復かがやき号が停車していましたが、2017年12月からは祝日のみの停車になりました。

現在でも臨時かがやき539・540号のみが停まっています。

 

倶利伽羅峠を越えて、金沢市街へ。まもなく北陸本線から姿を消す特急車両もいました。

 

のれんホームが華やかに彩る在来線ホームを横目に、終点の金沢駅に到着です。



20:53 金沢駅 着

こちらは折り返しはくたか590号長野行きに。

金沢から東京への最終新幹線は21:03発で、まだこの時間からでも帰れちゃいます。

 

駅名標も交換されまして、「こまつ」が浮かんでいました。

半年後にはこちらも剥がされて、遂に北陸新幹線はこの先まで到達します。

 

エスカレーターはお客さんで大渋滞。旅行需要も完全に復活してきて、金沢はやっぱり人気です。



金沢から福井へ行くべく、北陸新幹線から北陸本線の特急列車へ。

コンコースへ降りると乗り換え改札口があって、そのまま乗り換えることができます。

 

2024年春の北陸新幹線敦賀延伸によって、金沢から西側の北陸本線は廃止。IRいしかわ鉄道へ移管されます。

そのため「北陸線・七尾線」はシールになっており、おそらく下には「七尾線」だけが書かれているのでしょう。

 

乗り換え改札正面には在来線の発車標があります。

特急しらさぎ号、特急サンダーバード号は終電が終わっており、乗り継ぐのは特急ダイナスター2号です。

 

北陸新幹線開業以前、東京から北陸へのメインルートは、越後湯沢駅で特急はくたか号へ乗り換えるものでした。

1往復だけ福井駅まで延長運転していたのですが、それを代替するべく2015年春に新設されたのが、特急ダイナスター号です。

 

朝夕合わせて2往復だけの運行で、中々乗車する機会がありませんでした。

2024年春のダイヤ改正でこれも廃止されるため、指定席を購入しました。

 

次の特急おやすみエクスプレス敦賀行きは通勤特急の部類で、平日のみの運行です。その後に特急ダイナスター4号福井行きが設定されており、北陸新幹線かがやき517号から接続しています。

 

特急しらさぎ号の681系電車が充当されており、列車は6両編成です。

サンダーバードに乗るぞおと酔っぱらいさん方が発車標を見て、ダイナスターだこれぇ!と叫んでいたのがまた愉快。

 

1日4回しか見られない「ダイナスター福井」の表示。3号車指定席に乗り込みます。

 

車内表示器でもダイナスターの表示が流れています。

福井県のシンボルとも言える「恐竜(ダイナソー)」から、命名された列車です。



21:08 金沢駅 発

指定席はガラガラの状態で、金沢駅を出発しました。

 

特急しらさぎ号と同じ車両なので、座席は特に変わらず。

コンセントはどの座席にも付いていません。

 

次の停車駅は小松駅です。こちらには北陸新幹線の駅が設置されます。

 

ここまでずっと並走してきた高架橋が離れ、一旦北陸本線からお別れ。

 

再び近づいてきて新幹線駅も設置される、加賀温泉駅に到着です。

ここで普通列車福井行きに接続します。



福井県に入り、芦原温泉駅から先で踏切の安全確認を行っているため、スピードを落としてきました。

こちらも新幹線駅ができる、芦原温泉駅に到着です。

 

先行する普通列車がスピードを落としているため、5分近くの停車。

この間にカラカラ音がして、何かと思ったら衝撃の雹でした。

 

向かいから普通列車金沢行きが到着したあたりで出発。

 

かなり速度を落として踏切を通過し、スピードが上がってきました。

 

最高速度130km/hで、回復運転に努めます。

 

サンダーチャイムが流れ、終点福井駅に到着です。



21:56 福井駅 着(10分遅れ)

約10分の遅れを持って、終点の福井駅に到着。

お隣には22:35発の普通列車敦賀行きが停まっています。

 

こちらは回送列車列車として敦賀方面へ引き上げられますが、頭上には次の特急おやすみエクスプレスが表示されていました。

また、翌日の特急しらさぎ52号まで準備済みです。

 

そして、向かいのホームには特急しらさぎ15号が到着です。

東京駅の発車標でご覧にいれた、ひかり657号から米原駅で接続するのが、この列車になります。

 

北陸新幹線ルート

かがやき515号+ダイナスター2号 3時間32分 16,440円

東海道新幹線ルート

ひかり657号+しらさぎ15号 3時間20分 15,220円

※どちらも全て指定席

ここで、北陸新幹線ルートと東海道新幹線ルートを比較。東海道新幹線ルートの方が所要時間が短く、料金も安く抑えられています。

東海道新幹線ルートの方に軍配が上がりますが、北陸新幹線敦賀延伸後は新幹線ルートの方が一気に速くなります。

 

コンコースへ降りてきますと、乗り換え改札ができるスペース。

自動販売機や恐竜が通せんぼしてますが、後はシャッターを上げるだけに見えます。

 

北陸新幹線の終点が金沢駅である、現状ならではの乗り継ぎ。

東京駅から一本で行けるようになる前、本数の少ない特急も利用した福井駅までの様子をお届けしました。

今回もご覧いただき、ありかとうございました。

関連
【1便だけの北陸特急】おはようエクスプレス利用状況 ハピラインふくいライナー列車に?

2024年春に北陸新幹線がやってくる、福井県の真ん中に位置する敦賀駅です。 京都方面への延伸計画が滞っている今、しばらくは新幹線と在来線特急の接続駅として機能します。   特急サンダーバード ...

続きを見る

鉄道コム

応援してくださる方は、クリックをお願いします! 鉄道コム

関連コンテンツ

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-JR東日本, JR西日本, 埼玉, 富山, 新潟, 東京, 石川, 福井, 群馬, 長野

Copyright© Pass-case.com , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.