JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本 京都 兵庫 大阪 寝台特急サンライズ号 岐阜 岡山 愛知 東京 滋賀 神奈川 静岡 香川

【特別な夜景】クリスマスに乗る寝台特急サンライズ瀬戸 空室多い平日の乗車記

今日は12月24日、クリスマスイブの夜です。

高松駅2階にあるスターバックス近くのテラスより、行き止まり式のプラットホームを見下ろしています。

本州と四国を結ぶ鉄道連絡船の玄関口だった名残がここに残り、現在でも岡山と共に高松から松山・高知・徳島への特急が発着します。

 

その中で一本、高松〜東京を結ぶのが寝台特急サンライズ瀬戸号です。

大阪へ帰ろうと思っていたのですが、空室状況を見たらガラガラだったので、急遽乗車することに。

 

直前に乗車を決めたので、これから東京へ行く人とは思えない時間に改札を抜けます。

 

サンライズエクスプレスは一番端っこ、9番線ホームに停車中です。

運転所より回送列車として、20:55ごろに入線してきています。

 

今回選択しましたのは、個室の中で一番安価なB寝台ソロ個室。

床下にモーターがあるため部屋が狭くなっており、その分スタンダートなB寝台シングルより1000円ほど安い寝台料金です。

 

上段と下段のうち、モーター音が響きづらく比較的人気の、上段ですら空いていました。

 

初めて乗る方にとっては狭さが際立って印象付きそうですが、この秘密基地っぽさがワクワク感を高めてくれるんですよね。



21:26 高松駅 発

何でも「うどん」にしちゃう「うどん県」。高松駅にも副駅名として、「さぬきうどん駅」と付けられています。

 

長距離サンライズ号に乗るのは3ヶ月ぶりで、久しく乗っておらず懐かしさすら感じました。

 

せっかくのクリスマスイブなので、クレメントイン高松のセブンイレブンで、ななチキを買ってきました。

店員さんがサンタ帽どころか白髭まで召していて、コンビニ店員さんも本気です。

 

今日はスコッチウイスキーに、すっきりした甘みで優しい香りが特徴的でした。



次の停車駅、坂出駅に到着です。

結構雨が降ってきまして、駅前の光が散乱していました。

坂出駅と言えば駅前イオンのイメージがありますが、2024年春に休業するみたいです。

 

これから瀬戸大橋へ入るにあたって、デルタ線を通ります。

高松から松山方面へ向かう、JR予讃線が分かれていきました。

 

今度は松山から本州への線路が合流し、この3本の線路が三角形を作っているのです。

 

瀬戸大橋沿いに形成された埋立地、進行方向右手には赤い工業地域を見られる一方、左側は倉庫などが中心でした。

 

左カーブなので進行方向左側だと、瀬戸大橋の吊り橋を見られたのが良かったです。

 

今日12月24日だけは、ライトアップが22:00まで延長。

普段では遅くても土休日21:00までなので、サンライズからこのライトアップを見られるのはかなり貴重みたいです。

 

瀬戸大橋は5つの島を結ぶ、鉄道道路併用橋です。

本州から四国のほぼ真ん中に位置する与島の与島PAがよく分かり、ここの展望台からは瀬戸内海を航行する船を眺められるそう。

 

道路の下にトラス橋が組まれ、蛇の抜け殻の中を走っているみたい。奥には本州の光が見えてきました。

 

昼間ならアトラクションのレールも見られる程ですが、山の上には岡山県を代表する遊園地、鷲羽山ハイランドがあります。



本州最初の駅となっています、児島駅に到着です。

ここはJR四国とJR西日本の境界駅になっており、乗務員さんが交代されました。

 

児島市があるのではと思いがちですが、実は倉敷市。新設合併で児島市が倉敷市の一部になったのは1967年のことで、結構昔なんですね。

サンライズ出雲号が倉敷駅に停車するため、寝台特急の停車駅が複数ある唯一の基礎自治体になっています。

 

茶屋町駅で本四備讃線から宇野線に入ります。

瀬戸大橋が架けられる以前は、宇野線終着駅の宇野駅から高松駅へ、鉄道連絡船である宇高連絡船が運航されていました。

 

単線区間も多く存在しており、上下線のダイヤ乱れがお互い影響しあいます。

途中かなりスピードを落として走っており、岡山駅到着は3分ほど遅れました。

 

宇野線ホームに新型車両Uraraが停車している、岡山駅に到着です。



22:23 岡山駅 着(3分遅れ)

先に瀬戸号が入線した岡山駅、後から来るサンライズ出雲号との連結作業が行われます。

伯備線の雪はそこまでみたいで、顔や台車にも雪はついていませんでした。

 

大きく口が開けられ、ゆっくりと連結。

サンライズへの乗車を心待ちにする方々にとって、注目の一大イベントです。

 

この停車時間の間、改札内にあるセブンイレブンで買い物、ギリギリ乗り遅れず間に合いました。

最悪乗り遅れてしまっても、後続の山陽新幹線に乗れば、姫路駅で追いつけるので安心です。



22:34 岡山駅 発

慌てて乗ったのでここはサンライズ出雲の編成。発車後もしばらくは車両間の行き来ができません。

 

少々待ちまして、サンライズ瀬戸の編成へ。連結部はこのようになっています。

 

岡山駅では、生チョコレートケーキを買ってきました。

せっかくのクリスマスですからね、楽しんだもん勝ちですよお!

 

岡山から兵庫にかけての山越え、三石駅〜上郡駅はJR西日本の在来線で2番目に駅間距離が長いほどです。

 

岡山駅からは夜間のため、朝まで車内放送が無くなります。

白くライトアップされた姫路城を奥に見つつ、姫路駅に到着しました。



明石駅を通過したところで部屋を出て、デッキから進行方向右手に注目。

淡路島へ架かる、ライトアップされた明石海峡大橋が姿を見せます。

12月19〜25日にはクリスマス用のライトアップで、赤緑のカラーでした。結構バリエーションが豊富なので、違ったパターンで楽しませてくれるのが素敵。

 

土祝日は日没〜24:00に行われており、サンライズの通過時刻がちょうど0時ごろなので、ライトアップが消える瞬間も見えたりします。

 

東海道本線に沿って看板街が並び、神戸市の中心である三ノ宮駅に到着しました。

 

少し眠ってしまいまして、大阪駅で一瞬目を覚ましたものの、発車したところで再び寝落ち。



今度起きたのは目を覚ましたのは、関ヶ原を越えているあたりでした。

JR東海エリアに入っておりまして、大ターミナルの名古屋駅を通過します。

 

上段だと窓が屋根に回り込むようになっているので、寝転ぶと駅ビルのてっぺんまで望められるのが良いですね。

 

東海道新幹線ひかり号も停車するターミナル駅、豊橋駅で運転停車しました。

 

静岡県内へ入りまして、東京行きで乗降できるのは静岡駅からです。



湘南地域を通過している頃、おはよう放送で起こされました。

どうしてもWEST EXPRESS銀河に見える、相鉄と並走しつつ横浜駅へ。

 

ホーム上には通勤客の方が沢山いらっしゃるので、窓を開けっぱなしにしていると事故を起こしたりします。

 

鶴見駅の鶴見線ホームには、205系電車が停車中。

昨日デビューしたE131系電車を期待しましたが、残念ながら違いました。

 

多摩川を渡り東京都へ入るところで、ようやくサンライズしてきました。冬至を過ぎたばかりなので、まだまだ日の出は遅いです。

 

慌ただしくも身支度を終えまして、東京駅に到着しました。



7:08 東京駅 着

列車を降りられた方はもちろん、ホームでお出迎えしている方も数名。

各々名残惜しそうに、列車の写真を撮られています。

 

横浜駅で乗降案内終了の放送があったのですが、今日は車椅子の方が乗られていたようです。

1室設けられている車椅子用個室。扉が開いていたため、初めて覗き見ることができました。

 

2年連続でクリスマスに乗車することになった、寝台特急サンライズ瀬戸号。

当たり前に乗れているこの状況に感謝しつつ、引き続き一回でも多く乗車して行きたいです。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

関連
【サンライズ瀬戸で南国へ】 琴平行き寝台特急から高知へ乗継ぎ旅[年越し2023(1)]

  クリスマスイブの21時過ぎ、東京駅周辺はいつもより人の流動が多くなっています。   この時間帯の東京駅と言ったら、寝台特急サンライズ号です。2日連続、伯備線の大雪と瀬戸大橋の強 ...

続きを見る

鉄道コム

応援してくださる方は、クリックをお願いします! 鉄道コム

関連コンテンツ

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-JR四国, JR東日本, JR東海, JR西日本, 京都, 兵庫, 大阪, 寝台特急サンライズ号, 岐阜, 岡山, 愛知, 東京, 滋賀, 神奈川, 静岡, 香川
-

Copyright© Pass-case.com , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.