南海 和歌山 大阪 徳島

鉄道部分がタダになるきっぷ『徳島好きっぷ』で南海フェリーに乗船(1)

 

今日は大阪から徳島へフェリーで渡ります。

フェリーが出ているのは和歌山港。そこまで南海電車で行かなければなりません。

そんな鉄路ですが、なんと鉄道の運賃を払わなくて良いという切符が発売されています。

それがこちら、とくしま好きっぷです。

 

価格は2200円、これは和歌山港〜徳島港の乗船券と同額で、実質鉄道分の料金は無料。

今回はこの非常にオトクな切符で、徳島へ行ってみたいと思います。

まずは特急サザン和歌山港行きに乗車します。

和歌山市行きがほとんどですが、一部が和歌山港行き。

以前ご紹介しましたが、これは和歌山港からのフェリーに合わせて運行されています。

関連
【途中駅全廃止】フェリーの為の路線と化した和歌山港線 和歌山港行きサザン(1)

  今日は南海なんば駅にやってきました。 これから乗車します特急サザンは、基本的に和歌山県の中心部である和歌山市駅までを結びます。   しかし一日数本だけ、南海本線を飛び出して和歌 ...

続きを見る

 

和歌山港駅までの料金は930円、これを完全にタダで移動できるということです。

 

大阪近辺では帰宅時間帯のためかなりの混雑でしたが、和歌山県が近づくと乗客も減って真っ暗な中を走行中。

 

橋を渡って和歌山市駅に到着しました。

 

ここでほとんどの方が下車、和歌山港線に入ると1車両に2人程度となりました。

 

終点の和歌山港駅に到着すると、フェリーターミナルが見えています。

南海のロゴマークが浮かんでおり、まるで鉄道連絡船のようです。

 

ここまで乗ってきた特急サザンは折り返しなんば行きになります。

おそらく徳島からフェリーでやってきた人たちを乗せていくのでしょう。

 

自動改札にを通し、そのままそれを受け取ります。



和歌山港駅からフェリーターミナルは連絡橋で直結しています。

遠くに見える放射した光に向かって長い通路を歩きましょう。

 

と思ったら便利な動く歩道があったので、ここはちょっと甘えさせてもらいましょう。

 

これから乗船するのは21:40のフェリーです。

本来なら宿代も浮かせられるので2:40の方が良いのですが、切符に『当日限り有効』と書かれているので同日のフェリーに乗らなければなりません。

 

改札は15分前から始まります。

 

先程の切符を見せて橋を渡り、船内へ入りました。

 

最初に目に入るのはこちらの休憩スペース。

自動販売機ではカップラーメンも売っています。

 

そこにはコンセントのついたビジネススペースなるものもありました。



それではこの船旅で過ごす場所へ。

一番快適なのは、こちらのゴロンと寝転がれるタイプ。

女性専用スペースもあって、壁面ではテレビが流れています。

 

その他コンセントもあるので充電が可能です。

 

こちらはリクライニング席。

しかし利用客が数人だったこともあり、ほとんどの方がフルフラットのところにいらっしゃいました。

 

2階には昼間であれば全面の景色を楽しめるグリーン室があります。

しかし夜ではカーテンを閉めなければならず、上の方が揺れやすいですから通常の座席で良さそうです。

 

21:40、それほど放送はされずに和歌山港を出港しました。



本州を離れてしまうと当然車窓は闇の中。

しかし淡路島の南にある島、沼島と思われる灯台が浮かんでいました。

一定のリズムで出現する小さな光にも安心感を覚えます。

 

再び街らしい光が散らばるのは目的地の四国。

23:55、徳島港へ入港します。

 

今度は短い橋で徳島フェリーターミナルへ降り立ちました。

 

徳島港のフェリーのりばからはバスが発着しますが、この時間帯は走っていません。

他に乗られていた方は皆さん迎えや停めてあった車に乗っていってしまいました。

徳島の中心部辺りまでは歩いて40分ほど、夜に来る方はその点気をつける必要があるでしょう。

 

大阪の大都市圏から徳島まで2200円で行けるこのルートはもっと知られても良い非常に便利なルートです。

 

特に徳島からなんばへ行くならば、夜行便の徳島港2:55発、和歌山港5:10着の便もこのきっぷで南海なんばまで利用可能です。

南海グループだからこそできるこのお得なきっぷ、ぜひ使ってみて下さい!

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

関連
【途中駅全廃止】フェリーの為の路線と化した和歌山港線 和歌山港行きサザン(1)

  今日は南海なんば駅にやってきました。 これから乗車します特急サザンは、基本的に和歌山県の中心部である和歌山市駅までを結びます。   しかし一日数本だけ、南海本線を飛び出して和歌 ...

続きを見る

次の記事
世界初の乗り物が徳島・高知に!阿佐海岸鉄道のDMV試運転を見てきた。

  こちらは徳島県南部、阿波海南駅です。   徳島駅から海岸沿いに南へ伸びる牟岐線。この駅はその終着駅であり、第三セクター阿佐海岸鉄道の始点にもなっています。   しかし ...

続きを見る

\SNSでシェア/

クリックで応援お願いします!

おすすめ記事

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-南海, 和歌山, 大阪, 徳島,

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.