中部 私鉄・三セク 近畿

特急ひのとり8両編成投入で名阪の移動がより快適に!

近鉄は8両編成の『ひのとり(80000系)』を2編成投入することを発表しました。11月21日(土)から営業運転が開始されるとのことです。

 


近鉄の新型特急『ひのとり』は2020年3月14日(土)にデビュー。大阪難波~近鉄名古屋間で運転を開始しました。僕も1番列車に乗車し、大変快適な移動が実現されたことを体感しました。

【一番列車】グリーン車規格の近鉄特急ひのとりレギュラーシートに乗車【2020春6】

本日2020年3月14日、近鉄に新たな名阪特急、『ひのとり』がデビューしました。 新型名阪特急誕生が発表されてから、鉄道ファンの間では期待が高まっています。 今回は大阪難波8:00発の『ひのとり』一番 ...

続きを見る

現在は名阪特急において6両7編成で運転されており、平日は1日10往復、土休日は1日11往復の運行です。

11月21日(土)からは平日1日14往復、土休日1日15往復に増発されます。これまでは『ひのとり』の時刻を狙わなければならない面もありましたが、乗車できる機会がますます増えることでしょう。

名阪間の移動においてひのとりを選択しやすくなり、多くの人が利用することになります。

 


プレミアム車両とレギュラー車両がどのように編成されるのかについて、6両/8両編成共に中間車がレギュラー車両、先頭車両の2両がプレミアム車両です。つまりプレミアム車両が増えることはありません。

 


ひのとりのプレミアム車両はかなり人気ですが、あくまでレギュラー車両がその名の通り基準ですから、これは仕方ないです。

 

『ひのとり』車両の増加によって大阪難波/近鉄名古屋を毎時30分に発車する全17往復の名阪特急のうち、『アーバンライナーplus(21000系)』や『アーバンライナーnext(21020系)』で運転する列車も増発されます。

平日は12往復から16往復に、土休日は8往復から14往復へ変わります。

 

2021年春には大阪難波/近鉄名古屋を毎時0分に発車する名阪特急と、停車駅の少ない同特急(合わせて平日15往復、土休日19往復)はすべて『ひのとり』になります。

更に、毎時30分発の名阪特急(17往復)はすべて『アーバンライナーplus/next』に置き換わる予定です。

 

ひのとりとアーバンライナーは名阪特急として更に存在感を増し、看板特急としての風格を確固たるものにすることでしょう。

名阪特急だけでなく、阪奈特急においても『ひのとり』を使用した列車が増加するようです。
現在は平日2往復、休日1往復のみですが、11月21日(土)以降は平日4往復に増発されます。

近鉄の特急がますます便利で快適なものになっていくのは本当に楽しみなことですが、昔ながらの列車も今のうちに乗らなければと思うところです。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

近鉄公式発表PDF

近鉄特急ひのとりにグランクラス料金を払うと、こうなります。

(注意)ひのとりプレミアムシートについて知りたい方はこちらの真面目な記事をご覧ください。   今日は近鉄名古屋駅に来ました。今年3月にデビューしました近鉄特急ひのとりで大阪へ行くためです。 ...

続きを見る

【ひのとりVS新快速】名古屋→大阪で近鉄とJR乗り継ぎ、どちらの方が早いのか?

今年3月、名古屋から大阪の移動に新たな選択肢が生まれました。近鉄特急ひのとりです。   全席にバックシェルを備え、最高級の快適性が生み出されました。   一方で速達面においてはライ ...

続きを見る

\SNSでシェア/

おすすめ記事

パスケース

鉄道関連の話題について解説したり、鉄道旅行の様子をご紹介しています。

-中部, 私鉄・三セク, 近畿

Copyright© Pass-case , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.