近畿 近鉄

生まれ変わった近鉄観光特急『あをによし』を見に行きました。[2022GW(1)]

2022年4月29日

 

2022年4月29日、大阪難波〜奈良〜京都を結ぶ観光特急『あをによし』がデビューしました。

「青丹よし」は奈良の枕詞。奈良へ向かう観光客輸送を担います。

 

発車標にも『あをによし』が表示。

今回見に行った便は、京都〜奈良を行き来する列車です。

 

運行時刻は以下の通り。

平日

①大阪難波9:22発-近鉄奈良10:09発-京都10:50着

②京都11:20発-近鉄奈良11:55着

③近鉄奈良12:10発-京都12:45着

④京都13:20発-近鉄奈良13:55着

⑤近鉄奈良14:10発-京都14:45着

⑥京都15:20発-近鉄奈良15:56発-大阪難波16:40着

土祝日

①大阪難波9:32発-近鉄奈良10:13発-京都10:49着

②京都11:20発-近鉄奈良11:55着

③近鉄奈良12:10発-京都12:45着

④京都13:20発-近鉄奈良13:54着

⑤近鉄奈良14:10発-京都14:45着

⑥京都15:20発-近鉄奈良15:56発-大阪難波16:39着

 

使用される列車はスナックカーとして活躍していた12200系。これを改造して観光特急に生まれ変わったのです。

 

列車は4両編成。折戸や方向幕が幕式といった点に、スナックカー時代からの名残を感じさせられます。

2号車以外は、2人向かい合わせのツインシートです。

奈良方面の右側(CD席)は三角形のテーブル、それぞれの座席はやや窓に向いてくれています。

 

反対側は完全な向かい合わせ、やはり景色をより楽しめるのは、先程のCD席でしょう。

リクライニングのできる一般的な特急座席はありません。大阪難波〜京都の直通便では近鉄奈良にて進行方向を変えるため、座席転換の手間を省いています。

 

3号車のドアに限っては、車椅子席がある関係で折戸ではなく自動の引き戸です。

2号車には4人掛けのサロンシートがあります。

1編成に3区画だけで、きっぷを取るのはしばらく難しそうですね。

 

通路側にはやや透けていますが、パーテーションを設置。まるで半個室のような感覚になります。

 

室内では1人掛けのソファが4つ向かい合わせになって、テーブルには青いランプが照らされています。



同じ2号車の販売カウンターでは車内販売も。

生ビールサーバーが備えられていて、クラフトビールを楽しむことができます。

車両デザインを連想させる、あをによしバターサンド[レーズン&マロン]やジェラート、プリンなども楽しめるようです。

 

新たな観光特急として生まれ変わったあをによし。

是非機会を作って乗ってみたいです。

【近鉄公式HP】観光特急あをによし

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

次の記事
【名古屋まで1区間なのに…】桑名行きアーバンライナーの運行理由とは?特急乗車記[2022GW(2)]

こんばんは。こちらは夜も遅くなってきた大阪難波駅です。   今日の近鉄は新型観光特急あをによしのデビュー日として、かなり賑わっていました。 それと同時にゴールデンウィークの始まりで、様々な臨 ...

続きを見る

\SNSでシェア/

鉄道コム

クリックで当サイトの応援お願いします! 鉄道コム

おすすめ記事

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-近畿, 近鉄
-

Copyright© Pass-case , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.