南海 大阪

イジワル踏切廃止へ!羽衣駅高架化の前日,一体どこが変わるのか…?(1)

2021年5月22日

 

明日5月22日、南海電鉄ではダイヤ改正が行われます。

その中でも大きな変化が生まれるのは、こちらの羽衣駅です。

 

現在羽衣駅では高架化が進んでおり、和歌山方面のホームは2016年に高架ホームへ切り替えられています。

 

今回高架化されるのはなんば方面。こちらの踏切も廃止されます。

本日は高架化される前日、羽衣駅の様子を見てきましょう。

まずやってきたのは、乗り換え駅であるJR東羽衣支線の東羽衣駅です。

丁度なんば方面を示していた乗り換え案内のシールを、駅員さんが剥がしているところでした。

 

これは翌日からなんば方面ホームの場所が変わり、乗り換えに向かう方向が変わるためです。

そんな東羽衣駅の出口から進むと、目の前には踏切があります。

実はこの踏切には非常に興味深いハナシが。

南海と並行するJR阪和線はかつて阪和電気鉄道でした。

阪和電気鉄道は浜寺海岸への観光輸送のため羽衣駅までの支線、現在の東羽衣支線を敷設します。

しかしJRの利用者は海岸へ行くのにこの踏切を渡らなければなりません。

そこで南海はこの踏切で列車のスピードを落とし、JR利用者をイライラさせ…南海にお客さんを呼び込もうとしたというウワサがあります。

 

そんな踏切も今日でおしまい。車などで行き来するのも便利になります。



さて、こちらはなんば方面に近い改札口です。

明日からはきっぷ売り場や改札の場所が変更されます。

 

そのため改札前の売店、ナスコも本日で閉店となりました。

 

そしてこちらは明日からますますメインの駅舎となる、高架ホームへ直結する駅舎です。

 

何やら下部分に金具のようなものが貼り付けられていたので、ここにも自動改札機が設置されるのかもしれません。

 

この辺りがどうなるのかという点については、明日から見ていきたいと思います



さて、もう一つ重要なのは高師浜線の休止です。

これから3年ほど代行バスによる運行が予定されており、バスを利用する方に向けて専用の通路、改札が設置されます。

 

こちらは和歌山市方面の1番線ホーム側に作られていました。

 

外から見てみると、階段で下の方仮説通路へと続いています。

 

そして高架下には代行バスに乗り換える人に向けて、改札が設置されるのです。

 

ここから代行バスが発着していくようで、それも楽しみになります。

 

その横にはちょうど踏切があって、高師浜線がやって来ました。

今日で運行を終える列車が地上ホームに停車している様子を近くで見られます。



最後に本日で休止となる、高師浜線に乗車してみることにしました。

最終日に乗ろうという人も何人かいらっしゃいます。

 

さすがに真っ暗で車窓も楽しめませんので、こちらについては是非以前の記事をご覧ください。

関連
1km高架化工事のために3年間運休! 2駅しかない短距離路線「高師浜線」

  今日は南海電鉄の羽衣駅にやって来ました。 羽衣駅があるのは大阪府高石市、大阪の中部辺りになります。   現在羽衣駅は高架化工事中で、和歌山方面の線路は既に高架化済みです。 &n ...

続きを見る

 

高師浜駅は西洋風なデザインとなっていて、落ち着いた歴史を感じさせる雰囲気です。

 

代行バスのバス停はそれぞれの駅からは結構遠いようで、バス路線のルートも鉄道とは結構異なります。

 

羽衣駅の地上ホーム、切り欠きホームから発着しています。

今後高師浜線は全線高架化され、羽衣駅の高架ホームに入線することになるのです。

 

明日から供用開始となるなんば方面のホームには、将来的に高師浜線が発車するであろう切り欠きホームが見られました。

 

今度は3年後、高架ホームでまた逢えることを楽しみにしたいと思います。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

次の記事
駅の改札がワープ!?高師浜線代行バス乗り換え改札が面白すぎた(2)

  今日は南海本線の列車でなんば方面へ向かっています。 高架化工事が進んでいた羽衣駅ですが、今日からなんば方面も地上ホームから高架ホームへ移行しました。 こちらのホームは切り欠きになっており ...

続きを見る

\SNSでシェア/

クリックで応援お願いします!

おすすめ記事

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-南海, 大阪
-

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.