JR東日本 JR東海 JR西日本 寝台特急サンライズ号

【寝台特急で年越し】サンライズ瀬戸で新年を迎えました[年越し2022(5)]

2022年1月2日

 

こちらは2021年大晦日の高松駅です。

入口には門松などのお正月飾りが飾られ、来たる2022年を迎える準備がされていました。

 

これから乗車するのは寝台特急サンライズ瀬戸号です。

 

今日は寝台特急に乗って年越し。ずっとやってみたいと思っていたことをようやく実現できます。

外国人の方の切符購入をお手伝いしていたところで、9番線に入線していました。

入線時刻は8:55ごろで、出発の30分も前に来てくれるのは、かなりありがたいですね。

 

 

まずは330円を握りしめ、シャワーカード売り場へ。

 

かなりの行列でしたが、なんとか購入。年越しにサンライズを選ぶ人は多くいて、高松停車時点で売り切れになりました。

今回利用するのは平屋のシングルです。

シングルの部屋は、1階と2階それぞれに部屋が並んでいるのが通常です。

 

階上はこんな感じで上部分がカーブしています。手前側であればちゃんと立てますが、向こう側は頭をぶつけやすいです。

 

階下座席は下が丸くなっており、対照的ですね。

 

そして、車端部の余ったスペースに作られているのが、平屋シングルです。

 

今回の場合は、ノビノビ座席車両の端っこに位置します。

 

高さは手を伸ばして軽くつくくらい、全く不自由はありません。

 

ベッド周辺の形は他と同じ。オーソドックスな構造となっています。

 

今回はせっかく年越しなので、色々なアイテムを用意して来ました。

 

吸盤でしめ飾りを飾りまして、お正月の準備は完了です。

 

車内を真っ暗にして、高松駅を出発。横にはしおかぜ/いしづちで使用される8000系電車が止まっていました。

 

車両基地の先、コンテナが積まれた貨物駅を抜けていきます。



大晦日に欠かせないものといえば、年越しそばです。

今回はコンビニでカップそばを購入してきました。

 

サンライズの中で熱湯を作ることはできないので、お湯もタンブラーに入れて準備してあります。

 

3分間待っている間に、列車は瀬戸大橋へ向かいます。

 

四国の工場は煌々と輝いており、その夜景は非常にはっきりしたものでした。

 

ガタゴトと音を立てながら、海上の瀬戸大橋を走行。実際にははっきりとトラス橋を見ることができました。

 

そんな瀬戸大橋を渡りながら、年越しそばをいただきました。

 

児島駅でアンパンマンの南風27号と行き違いました。何人かカメラをこちらに向けている方もいらっしゃいます。

 

更に快速マリンライナーと行き違い。宇野線は四国へ全て特急が行き交う重要な路線ですが、全線複線化は叶っていません。

 

たくさんの在来線特急を見下ろしながら、岡山駅に入線します。



岡山駅の連結部分では大勢のお客さんが集合。

サンライズ出雲号は数分遅れでやって来ました。

 

これらの連結が終わると、すぐの発車になります。

 

東岡山駅で、横浜駅到着前まで放送を行わないという、おやすみ放送が流れました。

内容は特に何の変哲もありませんでしたが、JR西日本がこの放送を行うこと自体珍しいことです。



ちょっと部屋を出まして、根城を変えたいと思います。

連結部を越えましてサンライズ出雲へ。

 

連結部分は緩やかなご覧のように、Z字になっています。

 

やって来たのはシングルデラックスとサンライズツインのある4号車です。

 

サンライズツインのお部屋では、交通系動画投稿者のマトリョーシカさんと合流しました。

サンライズで一番確保が難しいのですが、キャンセルが出ていたとのことです。

今夜、しばらくここにいることにしました。

関連
2人で寝台特急に乗るなら絶対コレ!部屋数の少ないB寝台サンライズツイン乗車記

  ここは夜の東京駅、友人を連れてやって来ました。   ここまでやってきたのは、寝台特急サンライズ瀬戸号に乗車するため。 ずっと寝台列車に乗りたいと言われていたのです。 &nbsp ...

続きを見る

 

年内最後の停車駅、姫路駅に到着しました。



いよいよ時刻は0時になります。

遂に2021年も終わり、今年は全国各地を旅行した印象に残った年になりました。

 

0時になりまして、いよいよ2022年。山陽明石駅付近で年越しを迎えました。

あけましておめでとうございます。

 

明石海峡大橋もカラフルにイルミネーションが。これまた素晴らしい夜景です。

 

あまり年越しをした実感が沸かない中、山陽本線から東海道本線へ入ります。



大阪駅に到着。

今日は元旦なので、大阪周辺では終夜運転が行われています。普段ならこのサンライズが終電ですが、今日はホームに人がいました。



野洲駅辺りからはどんどん雪が積もってきました。

列車が氷を飛ばしてきて、窓一面が氷の粒になります。

 

しばらくすると、近江鉄道彦根口駅あたりの踏切上で止まってしまいました。

 

彦根口周辺でもまた停車、近江鉄道の埋もれ度がすごいですね。

 

米原駅でJR西日本からJR東海に交代されます。 階下であるがゆえ、ホーム上の雪がハッキリと見られました。

 

列車は雪が積もる関ケ原越えへ。氷の塊が車体に当たるためか、ゴトゴトすごい音を立てて、走っていきました。

 

名古屋駅を通過、これもってそろそろ寝ようと思います。おやすみなさい。



朝6時頃、朝になって小田原駅を過ぎています。

2022年の幕開けにふさわしい、かなり綺麗な朝焼け。三日月も光っていました。

 

ようやく自分の寝床に帰還、横浜駅に到着しました。



昨日高松駅で買っておいたシャワーカードを持って、シャワー室へ。

空いているかちょっと心配していましたが、すぐに浴びられました。

 

ここにカードを入れると、お湯を6分間使うことができます。

 

使わない時はストップを押しておけば、タイマーも止まります。時間を気にしていれば十分な長さと思います。

 

ここのドライヤーの風はかなり弱め。ちょっと濡れてるくらいにはなりますが、髪の長い方はかなり苦労すると思われます。



ロビーへ出た頃には品川を通過。

東海道新幹線と共に、都会の中を駆けていきます。

 

そしてビルで隠れていた初日の出が、ちょっとだけ見られました。

 

それに見とれていたらもう東京駅、大急ぎで片付けをします。



定刻で東京駅に到着。

連結部分には関ケ原からの雪が運ばれていました。

 

寝台特急で年越しをして、初日の出を見ながら東京へ、一生の思い出となりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

次の記事
【鉄道会社が産んだ初詣】スカイライナーを使った成田山開運号乗車記[年越し2022(6)]

  あけましておめでとうございます。 年を越した寝台特急サンライズ号を降りまして、京成上野駅に来ています。   京成と言えば成田空港へ走る京成スカイライナー。 その車両を使いまして ...

続きを見る

\SNSでシェア/

関連コンテンツ

鉄道コム

クリックで当サイトの応援お願いします! 鉄道コム

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-JR東日本, JR東海, JR西日本, 寝台特急サンライズ号
-

Copyright© Pass-case.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.