JR東日本 東北

東北地方の鉄道における豪雨被害まとめ

2022年8月4日

津軽線

蟹田駅以北で、線路脇の路盤が一部流出しました。旅客線としては利用者が少ない線区ですが、本州・北海道間の陸上物流を再開させる必要があります。復旧までは10日間前後の見込みで、8月中旬と考えられます。

奥羽本線

大雨による大規模な盛土流出が発生し、線路が浮いているような状況からも、長期間に渡る列車運転見合わせが予想されます。IGRいわて銀河鉄道線も運休中のため、現状では貨物列車含め迂回が困難な状況です。

五能線

冠水による線路設備被害を8月4日の内に復旧予定でしたが、橋梁の損傷が発見されました。岩館〜深浦駅間で運転を見合わせており、復旧には10日ほど要する見込みです。奥羽本線よりは復旧の目処が立っているため、運行を再開している秋田〜東能代・大館〜弘前(〜青森)と合わせ、今後青森〜秋田の迂回ルートになります。

花輪線

土砂流入

 

IGRいわて銀河鉄道

小繋トンネルでのトンネル内へ水の流入(小繋〜小鳥谷駅)

奥中山高原〜小繋駅での水による道床流出

(IGRいわて銀河鉄道公式)【別紙】2022年8月3日大雨による被害の様子



 

磐越西線

濁川橋梁(喜多方〜山都)が崩落・流出しています。SLばんえつ物語号を理由にした早期復旧は考えづらく、後回しになりそうです。

米坂線

小白川橋梁(羽前椿〜手ノ子駅)が崩落

越後金丸駅周辺での氾濫

土砂流入(越後大島〜坂町駅)

他の路線と比べても、かなり大きく広い範囲で被害が出ており、廃線を含んだ可能性も考えられるレベルです。

【豪華すぎグリーン展望室!】SLばんえつ物語号グリーン車乗車記[新潟観光列車(4)]

  新潟地区の鉄道を取りまとめる駅、新津駅に来ました。駅舎には蒸気機関車が描かれており、これから乗るSLばんえつ物語号の出発地点にもなっています。   SLばんえつ物語号は1999 ...

続きを見る

(2022年8月5日19:00時点)

\SNSでシェア/

鉄道コム

クリックで当サイトの応援お願いします! 鉄道コム

おすすめ記事

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-JR東日本, 東北

Copyright© Pass-case , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.