九州 北海道 飛行機

【LCC那覇~新千歳】Peach最長便はほぼ満席!? 3時間フライトで日本縦断[花たびそうや(3)]

ここは沖縄県最大のターミナル、 那覇空港です。

ここからは国内外へ飛行機が飛び交っており、南の島の玄関口として機能しています。

今回は、那覇から新千歳を結ぶPeach便に搭乗します。

出発30分前までのチェックインが必要なのですが、色々寄っていたらかなりギリギリになりました。

那覇〜新千歳便は国内最長路線となっておりまして、所要時間は3時間20分です。

ただし、気流の影響を受けるため新千歳→那覇の方が長く、こちらは3時間45分。その意味では逆方向のほうが国内最長感があります。

そんなに乗る人はいないだろうと思っていたら、搭乗口には大勢の方が列を作っています。

これは完全に予想外、北海道と沖縄を行き来する人ってこんなにいるんですね。

ショッキングピンクが目を引き付けるPeachの機体。

安っぽさは否めませんが、それこそが魅力なのです。

予想外にもお客さんがたくさんいた機内、3人掛けシートの窓側に押し込まれます。

辺りを見渡しても空いている席は無く、満席のようにも見えました。

アテンダントさんによる機内安全の実演がされまして、離陸体制に入ります。

5月ですが梅雨に入ったばかりの沖縄、二重窓の外側ではどんどん水滴が吹き飛ばされていきます。

那覇空港を離陸しまして、沖縄の海上を飛び立ちました。

ぐんぐん高度を上げて、すぐに雲の上へ。

この日は結構雲が多かったので、あまり景色を楽しむことはできません。

座席についても非常にシンプル。

USBポートなどの充電もなく、薄っぺらいテーブルと簡単なリクライニングだけです。

ドリンクサービスもなく機内販売になってしまうので、那覇空港にて琉球コーラとパイナップルサンドを買ってきました。

つぶつぶとした果肉が入っており、とても美味しかったです。



18:20、機内販売終了時間に。

夕焼けに気づくこともなく、いつの間にか暗くなっておりまして、空には月が出ていました。

シートベルトサインが点灯しました。多少揺れることもありまして、全国的に雲が多めのようです。

雲の切れ間からは時々、陸地っぽい部分を見られましたが、やはり飛行機は晴れの日で無いとあまり見るところが無いですね。



19:05、最終着陸体勢に入ります。

真っ暗な空の下、色鮮やかなライトが道を示し始め、北の大地に降り立ちました。

北海道で一番大規模な玄関口、普通の夜景では見られない青や緑の光が遠くまで見えています。

ボーイングブリッジが繋げられまして、順番に降りていくことに。

サッポロビールクラシックの広告も出ており、本当に北海道へ来たのだと実感させられます。

何度も来ている北海道ですが、飛行機で降り立ったのはこれが初めて。それが那覇からの便になるとは思いませんでした(笑)

今回は金曜日に搭乗し、ちょうど1か月前に予約したところ、料金は12090円。飛行機の旅が好きな方であれば、気軽に楽しめるのではないかと感じました。

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

\SNSでシェア/

鉄道コム

クリックで当サイトの応援お願いします! 鉄道コム

おすすめ記事

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-九州, 北海道, 飛行機
-

Copyright© Pass-case , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.