バス 中国・四国 中部 九州 近畿

【乗客1人だけ!】名古屋→福岡の夜行バス 西鉄どんたく号乗車記

2020年12月20日

 

前の記事
JR東海バスの座席は北欧の企業・スカニア社製!クレイドルシートに乗ってきた。(東京ー名古屋 高速バス)

  今日は東京駅から名古屋へ高速バスで行きます。新東名スーパーライナーと書いてあって、なんだか立派そうです。   乗車するバスにはJR東海のマーク。2階建てになっていて、今回は2階 ...

続きを見る

今日は名鉄名古屋駅の前に来ています。どんたく号は名鉄バスセンターからの出発です。

 

5番乗り場には21:00発,小倉・福岡行きのバスの表示が現れています。

 

西日本鉄道のバスがやってきました。乗り込む時、乗務員さんから衝撃のヒトコト。
『予約している人いないから好きなとこ座っていいよ』

…ほぼ確実で、まさかの貸切が判明しました。

気兼ねなく車内の様子をご紹介できますね。

独立した3列シートで、真っ黒でシンプルな座席です。

 

座席は背もたれ部分が大きく、どっしりした構えになっています。

 

リクライニングやレグレスト等必要な機能は全てありました。

 

肘掛け下にはリクライニングとコンセント、そしてSOSボタンもあります。このようなボタンがバスに設置されているのを見るのは初めてです。

 

また、座席ポケットには使い捨てのスリッパが入っています。これもあって長い乗車時間をリラックスして過ごせました。

 

また、このバスを運行しているのは西日本鉄道のバス。フリーWi-Fiも備えています。

 

また、最近の長距離バスでは必須となっているお手洗いもありました。階段を降りるようにして入ります。

 

さすがに鉄道の化粧室よりはかなり狭そうです。

 

また、近くのところにはおしぼりが置かれていました。

それでは21:00丁度、たった1人の乗客を乗せて名鉄バスターミナルを出発。

通常なら放送で案内がされますが、乗務員さんに直接、途中の休憩場所などを説明していただけました。

 

名古屋駅から一旦福岡とは反対方向、青くイルミネーションがされた道を通って東へ向かいます。

 

栄バスターミナルに到着。
予め乗務員さんから案内があったとおり予約者はおらず、さらに当日乗車の方もいらっしゃらなかったため、貸切が確定しました。



西鉄バスさんにとっては決して喜ばしくないでしょうし、個人的にもこのバスが残ってほしいので嬉しくないですが、この瞬間だけを考えればこれ以上快適なことはありません。

クリスマス色にイルミネーションされたオアシス21を横目に名古屋を出発します。

 

名古屋のテレビ塔も少々不気味な色に染められていました。

 

栄バスターミナルに寄った後は高速道路で西へ向かいます。

 

四日市市にある御在所SAで10分ほどの休憩です。ファミリーマートなども開いているので食べ物を買い込むことが出来ます。

 

ここからいよいよ福岡へ向けて長い長い移動の始まりです。

 

東名阪自動車道を走り続け、おそらく亀山JCTから新名神高速道路へ入りました。

 

日付が変わる頃、バスは大阪モノレールの真横を走っています。モノレールに乗っていると万博公園あたりで高速道路と並行するかと思いますが、その場所です。

 

それではそろそろ眠ることにしましょう。おやすみなさい。



おはようございます。山陽自動車道を走っています。朝の休憩場所、壇ノ浦PAに到着したところで目を覚ましました。

パーキングエリアなので、お手洗いと少々小さめの売店があるだけです。

 

壇ノ浦PAの目の前には九州へ渡る関門橋がそびえ立っています。夜なので写真では見づらくなっていますが、結構な迫力がありました。

 

ここ、壇ノ浦からループ線のようにして、1周回ってから高い橋へと登るのです。

 

これまで鉄道か船でしか九州と本州を行き来したことがなかったので、橋を渡るのは新鮮です。もっともまだ暗いので海は見えませんでしたが…。
それでもすぐ橋を渡りきってしまったことから、関門海峡の狭さは感じられます。

 

中国自動車道を走っていましたが、小倉ICからは北九州高速4号線へ。富野出入り口で高速を降ります。

 

ここで高速を降りたのは小倉駅に寄るため。このバスは福岡まで行きますが、6:35に小倉駅前に到着します。

 

足立料金所から再び高速道路へ。先ほどと同じ北九州高速4号線です。



良いくらいの時間なので朝ごはんを食べましょう。

バスのWi-Fiを利用して謎さん×西園寺さんLIVEのアーカイブを見ながら、名古屋駅で買っておいたうま辛チキンサンドを頂きます。

 

まさに手羽先のタレのような風味のお肉が挟まれていて、非常に美味しい朝ごはんとなりました。

 

壇ノ浦PAではパックのお茶をいただけたので、飲み物には困りません。

 

だんだん明るくなった福岡の朝、貝塚JCTからは福岡都市高速1号香椎線へ。

 

福岡高速道路環状線の博多駅東出入り口から一般道へ降ります。
また、今回は利用者がいませんでしたが、砂津(0639着),黒崎IC(0655着),直方PA(0708着)でも下車可能です。

 

7:50、博多駅横のバスターミナルに到着。しかし、こちらも僕は降りないため、乗降場の横をそのままスルーです。

 

西鉄は日本一のバス車両の保有数を誇っています。
沢山の高速バス、路線バスを横目に走っていくところです。

 

8:00、西鉄天神高速バスターミナルに到着しました。
時期によって異なるものの、名鉄BTから西鉄天神高速BTまでの料金は8650円。高速道路料金は1万を越えているようなので、それだけでも元を取れてしまっていることでしょう。

 

コロナ禍とはいえこの状況では、名古屋〜福岡の夜行バスはもしかしたら無くなってしまうかもしれません…。
ぜひ便利なこのバスを利用してみてください!

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

次の記事
【昔の鹿児島線ルート】博多〜鹿児島の便利な高速バス桜島号に乗車

  今回ご紹介するのは博多/天神(福岡)〜鹿児島を結ぶ高速バス、桜島号になります。 新幹線の場合乗車券だけでも5000円超、新幹線自由席なら1万超のに対し、バスの運賃は3550円とかなり安価 ...

続きを見る

目次
【0泊5日日本縦断】バスとフェリーだけで稚内→那覇!3夜連続夜行バスの過酷旅

  日本で最北の大きな街、稚内。ここから沖縄へ行く人は何を利用するでしょうか?   普通の方なら飛行機やフェリー、鉄道などを使うのではないかと思います。   しかしヘンな ...

続きを見る

\SNSでシェア/

鉄道コム

鉄道コム

おすすめ記事(※タイトルと画像が一致しない場合タイトル優先)

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-バス, 中国・四国, 中部, 九州, 近畿
-

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.