三重 愛知 近鉄

【食堂車】しまかぜの立派なカフェ車両で松阪牛カレーを食べる。【2020春1】

2020年4月11日

3月13日、2020年春のダイヤ改正によって大きく変わる鳥羽地区を訪問するため、近鉄に乗って行くこととなりました。

せっかく三重県へ向かうので、近鉄特急しまかぜで行くことに。新型ウイルスの影響で普段ならば平日でも当日はほぼ満席であるしまかぜも、一人席すら空いている状況でした。

 

ペンギンのようでありながらキリッとした顔のしまかぜが入線。いろんな方々が撮影なさっていました。

 

近鉄名古屋駅を10時25分に発車。少々遅い発車の印象ですが、それほど急ぐわけでなければ十分納得のいく時間です。

地下区間を抜け、JR東海の車両を横目に走っていきます。

 

プレミアムシート座席ご紹介

しまかぜは6両編成で、その中の4両が通常の座席、プレミアムシートとなっています。

プレミアムシートは1+2の座席配列で、余裕があってリラックスできる座席です。

 

それでは早速座席の機能をご紹介します。

まずはこの立派な背面テーブル。近鉄は背面テーブルは設置せずにインアームテーブルを採用する傾向にありますが、こちらは十分な広さを確保した背面テーブルになっています。

 

シートピッチも1250mmとかなり広いため、このように引き出すこともできます。

 

肘掛けには様々な機構が備わっています。

電動リクライニングやレッグレスト、読書灯はもちろんですが、背中部分の調整ができます。座席から張り出すようにして背中に合わせてくれるのです。

『リズム』というのはまるでマッサージチェアのような感覚でした。

 

背面テーブルだけでなくインアームテーブルもあります。

 

もちろんパタンと開いて利用できまして、文句のつけようがありません。

 

座席にコンセントも備えられています。

 

ブラインドは電動で、手で開け閉めはできません。

柄も伊勢湾に浮かぶ島々のようで、伊勢志摩の魅力が表されています。

 

天井からは自然な間接照明が照らしていて、透明な網棚はそれを邪魔しません。

 

しばらくするとアテンダントさんが温かいおしぼりと記念乗車証を配ってくださいました。

 

記念乗車証の裏には日付入りのスタンプも押されています。

 

カードの写真は確か毎年変更されているはずで、今年は夫婦岩でした。

列車ならJRの二見浦のほうがアクセスは良いと思いますが、それを言ってはいけません(笑)

手軽に楽しめる!カフェ席へ

近鉄しまかぜの売りとして、カフェ席があります。三重県に入るくらいには営業を開始しましたので、早速行くことに。

名古屋、京都発着なら4号車、大阪難波発着なら3号車です。

 

1階席と2階席があるのですが、今回は2階席に。満席に近く、かなり人気のようです。

 

四日市のコンビナート群の煙突からたなびく煙を眺めながら、料理が出てくるのを待ちます。

正面で横に流れてゆく景色も楽しいものです。

 

注文しましたのは松阪牛カレー。1400円です。

特に辛いわけではないので食べやすく、牛肉もホロホロと崩れていくようなもの。

車内でこのクオリティの料理を食べられるのはすごいことです。

 

食事としては他に海の幸ピラフと松阪牛重、海の幸味噌ラーメンがあります。

それだけでなくお弁当やケーキなどもありますので、しまかぜでの食事の食事の楽しみは尽きません。

 

ここで、翌日運行を開始したサフィール踊り子のカフェテリアと車内の様子を比較してみます。

サフィール踊り子はナチュラルな、爽やかなもので、落ち着いた高級感が味わえました。

 

一方でしまかぜ。照明や机、その手すりなどのデザインからも、高級感が伝わってきます。真珠や海の生き物等からキラキラしたイメージでデザインされたのでしょうか。

 

カフェ席を全体的に見ると、ナチュラルさより派手な高級感に重点を置いたのかなと感じました。

関連
【一番列車】JRに復活した食堂車 サフィール踊り子のカフェテリアを利用【2020春8】

かつて特急列車などの長距離を走る列車には食堂車が不可欠な存在でした。新幹線にもビュッフェ車(立食スタイルの食堂車)が設置されており、当時そこで舌鼓を打っていた話もあります。 しかし、列車の高速化に伴い ...

続きを見る

しまかぜの停車駅は四日市、伊勢市、宇治山田、鳥羽、鵜方、賢島です。津駅にも止まらないことから、完全に観光に特化した特急であることがうかがえます。

 

宮川を渡りますと、まもなく伊勢市です。

 

伊勢市を出るとすぐに宇治山田駅に到着。近鉄としてはこちらの方が大きな駅です。

 

名古屋から1時間半、鳥羽駅に到着しました。

 

この後しまかぜは志摩の海の横で、爽やかな風の中を走ることとなります。

 

毎度楽しい旅を彩ってくれるしまかぜを後にしました。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

次の記事
JR近鉄連絡通路が廃止に!鳥羽駅の無人化の影響【2020春2】

近鉄特急しまかぜで鳥羽駅へやって来ました。今回のダイヤ改正で鳥羽駅に変化がたくさん現れますので訪問したというわけです。   近鉄の鳥羽駅は橋上駅舎になっていて、改札はホームから階段を上がった ...

続きを見る

関連
【大回りで食堂車カレー】観光特急にも乗れる近鉄最長大回りが楽しすぎた!

近鉄には様々な路線があって、それらは線路で円を作る部分があります。 この一周した部分については運賃の計算方法において最短距離で計算され、これは近鉄で大回りができることを意味します。   やっ ...

続きを見る

\SNSでシェア/

鉄道コム

鉄道コム

おすすめ記事(※タイトルと画像が一致しない場合タイトル優先)

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-三重, 愛知, 近鉄

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.