北海道 JR

札幌駅の隣にこんなレトロな駅が! 苗穂駅【初北海道の旅29】

(広告)


2018年8月13日

 

留萌本線の駅めぐりを終え、留萌駅から深川駅まで戻ってきました。

ホームの灯りに照らされるまさに夜汽車。

これからカムイに乗車しまして、札幌方面へ向かいます。

 

ここまではローカル線の駅の様子をご紹介することが続きましたが、今度は札幌駅のとなり、苗穂駅のご紹介です。

苗穂駅は2018年11月に橋上駅舎になることが決定していましたので、その前に平屋駅舎を一目見ようと訪問を決めました。

 

蛍光灯が汽車の排気で薄汚れた駅名標をじんわり照らします。現在はLEDになってしまいました。

 

3、4番線ホームは札幌方面のホーム。

番線表示といい、ホーム屋根といい、なかなか古そうですよね。

 

5番線が函館線岩見沢方面、6番線は千歳方面です。

ホーム屋根の柱が錆びていて、昭和感が満載。

 

1、2番線はホームはありません。

新駅舎では分かりやすさを重視し、1~4番線まで欠番はありません。

 

跨線橋は木造でかなり年季が入っています。鉄道跨線橋でも最古参ではないでしょうか。

 

駅舎側から跨線橋の入り口を見た様子です。ここの通路も何だかつぎはぎをした感じがあって、面白いですね。

 

自動改札機はもちろん設置されていまして、みどりの窓口もあります。

 

自動券売機もちゃんと2台。利用客は4000人程度でかなり多く、しかもJR北海道では珍しく利用客が増加している駅です。

ここでJR北海道のICカード、Kitacaを買いました。


最後に駅舎をご覧いただくわけですが、

 

これですよ~。

築83年の駅舎なのですが、真ん中の三角になっていて、木造駅舎なのに古民家風ではない雰囲気があります。これはたまりませんね。

 

何より駅正面に当たる部分のガラス。

昭和でよくあったガラスで、すりガラスがありますが、それより前の時代に行われていた、ガラスに厚みを持たせて視認性を落とす工法(恐らくそうだと思うんですが)。本当に昔のデザインだとわかります。このレトロさが良いですね。

 

新駅舎の案内ですが、イメージ図が貼られていました。

開業後の様子を写真で見たのですが、近代的どころか未来的に感じます。

 

筆書体で書かれた『苗穂駅』が似合っていたこの駅舎ですが、新駅舎が開業したあとすぐに取り壊されてしまったそうです。

そんな駅の隣に使いもしない建物を残していても無駄ですものね。仕方ないです。

 

普通列車で札幌駅へ。

翌日は札沼線に乗りにいくことになっています。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました!

ホームの傾く札沼線の秘境駅、豊ヶ岡駅

\SNSでシェア/

おすすめ記事(※タイトルと画像が一致しない場合タイトル優先)

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-北海道, JR

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.