JR西日本 中国・四国

【所属路線の列車は全通過!】芸備線の列車しか止まらない秘境駅・伯備線布原駅が面白すぎた[史上最長片道切符の旅(35)]

前の記事
【冬眠する路線】雪に埋もれた木次線が面白すぎる!代行バスで奥出雲おろちループへ[史上最長片道切符の旅(34)]

今回のルート 出雲市〜備中神代   おはようございます。神様の集う縁結びの町、出雲市の朝です。   出雲大社を思わせる大屋根は、内部も凝ったデザインになっています。   ...

続きを見る

今回のルート

備中神代〜鳥取

 

芸備線の普通列車新見行きに乗車し、路線の終点となる備中神代駅に到着しました。

 

ルート上はここから伯備線で北上するのですが、一駅先に面白い駅があるみたいなので、行ってみます。

 

その駅とは、布原駅です。

特急やくもが行き交う伯備線、その途中にある秘境駅になっています。

1556 布原駅 着

長い鉄橋を渡りまして、布原駅に到着。

多くの鉄道ファンが乗っていましたが、降りたのは僕一人です。

 

1両のディーゼル車を見送りまして、秘境駅には静かな空気がやって来ました。

 

そしてこの駅はただの秘境駅で済まされるのではなく、一風違った面白ポイントがあるのです。

布原駅は1936年、布原信号場として設置されました。

1987年の国鉄民営化とともに駅に昇格したことで、現在まで至ります。

 

そのためホームの下にはコンクリート製の小さな階段がついた島があり、最低限の設備だったことが分かります。

 

ホームが互い違いになっているのも、通票を受け渡していた頃の名残です。

 

プラットホームには分厚い苔が生えており、自然のカーペットが足を包み込みます。

 

更に秘境駅おなじみ駅ノートも設置されていました。

蓋に大量の雨水が溜まっていたので、開けるのはやめておきましたが…。

 

伯備線なので特急やくもが颯爽と駆け抜けていきました。もちろんですが、特急列車は止まりません。

 

しばらくすると乗ってきた芸備線の列車が新見駅で折り返し、東城行きとしてやって来ました。

扉も開いておりまして、乗車することもできます。

 

新見〜備中神代の間にある駅なので、伯備線芸備線も停まるはず。

秘境駅の割にはかなり優遇されている…そう思ってしまいます。



しかし、そんな幻想はすぐ打ち破られます。

先程の芸備線普通列車に続きまして、伯備線の普通列車がやって来ました。

 

しかし、所定の位置に列車が停まっても、中々ドアが開く気配がありません。

 

そうか、押しボタン式だから!と思っても、押しボタンは光っていないので、開けられません。

 

ここで停車しているのは特急やくもとの行き違いのため。

 

そして列車は結局扉を開けることはなく、出発して行ってしまいました。



そう、この駅は確かに伯備線の駅なのですが、伯備線の列車には乗車できないのです。

停車するのは新見駅まで直通する芸備線の列車1日5往復だけ。そのため時刻表の案内も芸備線となっています。

 

さらに、伯備線備中神代駅から分岐しているということになっています。

 

その理由は、この駅に伯備線の列車を停めるほどの需要が無いから。駅周辺には4,5軒の民家がありますが、2020年度の1日あたり乗車人数は0人です。

 

いくら恵まれた環境にあったとしても、身の丈に合った列車にしか救われないのです。



ここで読者さんが会いに来てくださり、軽トラックで隣の駅まで送っていただけることに。

くねくねした細い山道の中を登っていきます。

 

途中、布原駅あたりを見下ろすことができまして、これだけ登ってきたことが分かります。

 

芸備線の終着駅であり、伯備線と乗換えられる備中神代駅に戻って来ました。

 

路線としては『芸備線の新見方面』は存在しないはずですが、運行系統上として時刻表が掲げられています。

 

駅構造は2面3線。

路線の分岐駅ですから、ある程度の規模です。

 

しかし駅舎は2001年に解体されてしまい、駅舎らしき屋根の枠と待合室だけが残されています。

 

特急やくもがPC枕木の高規格な線路を駆け抜けていきました。



再び軽トラックで新見駅まで送っていただきました。

2日前にも津山駅から新見駅がルート上になっていましたが、戻ってきたことになります。

 

運賃表では路線所属を重要視するためか、布原駅も伯備線の駅でした。

 

それでは新見〜備中神代の切符を買い足しまして、ルートに復帰します。

 

1841 新見駅 発

いくらなんでものっぺりしすぎた顔。これで伯備線を北上します。

 

今回お会いした読者さんは、WEST EXPRESS 銀河山陰ルートで、生山駅にてトマトジュースの販売など行っている方でした。

差し入れとしておはぎとトマト甘酒をいただき、とても美味しかったのを覚えています。

 

鳥取県に入りまして、根雨駅で特急やくもに追い抜かれました。

 

更に、江尾駅では寝台特急サンライズ出雲号と行き違います。



2047 伯耆大山駅 着

伯備線と山陰本線との乗換駅です。

ここには貨物駅が併設されておりまして、伯備線から来た貨物列車が停まっているのを見られました。

 

大山は中国地方最高峰の山で、鳥取県の自然を代表します。

サントリーの天然水も、西日本では奥大山の天然水です。

 

2126 伯耆大山駅 発

ここからはコナン列車、2時間ほど鳥取駅まで乗車します。

 

途中でスマホの充電が切れてしまいましたので、このあたりで。鳥取の快活CLUBにておやすみなさい…。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

次の記事
【特急&高速バスに淘汰】急行みささ/みまさかルートの因美線&姫新線乗車記[史上最長片道切符の旅(36)]

今回のルート 鳥取〜姫路   鳥取駅前より、おはようございます。 高架駅のため線路による南北分断はされていませんが、比較的裏側の南口からスタートです。   現在、関西圏と鳥取を結ぶ ...

続きを見る

\SNSでシェア/

鉄道コム

クリックで当サイトの応援お願いします! 鉄道コム

おすすめ記事

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-JR西日本, 中国・四国
-

Copyright© Pass-case , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.