南海

【南海脱線事故】小原田車庫の現場訪問/全車自由席特急こうや乗車記

 

2022年5月27日0時21分頃、南海高野線の小原田車庫にて脱線事故が発生しました。

電車が外へ出るための線路が塞がれたため、横に停まっている特急車両も運行に就けないことに。

その影響で5月27日から29日までの3日間、特急「こうや」は2000系の全車自由席車で運行されているのです。

事故原因・状況(南海プレスリリースより)

3.原因

構内運転士が入換信号機の進行信号を確認せずに車両を動かしたことに加え、転てつ器が損傷しているにもかかわらず、車両を退行させたため

4.状 況

(1)5月26日(木)、難波駅23時14分発特急りんかん橋本行きとしての営業運転を終えたのち、入庫のため回送列車として小原田車庫まで運行しました。

(2)小原田車庫に到着後、車庫内の構内運転士と車両の運転を交代しました。同構内運転士は、留置番線へ車両を移動させるため入換信号機の進行信号を確認し車両を動かすところ、停止信号の現示であるにもかかわらず車両を動かし、前方の転てつ器が正当方向に開通していない状態で進入し、転てつ器を損傷させ停止しました。

(3)その後、同構内運転士は当該転てつ器が損傷していることに気が付かず、元の停止位置まで動かそうと車両を退行させました。車両は、当該転てつ器が損傷していたことで、難波方面から3両目(30101)、4両目(30002)の一部の車輪が脱線しました。

なお、本事象によるケガ人はおりません。

小原田車庫内での車庫内支障について(ご報告)」より引用

 

こちらは南海なんば駅。

乗車するのは特急こうや高野山行きです。昨日から4両編成の全車自由席車両で運行されています。

 

4番線に停車中の使用車両は2000系です。

 

2ドアのロングシートで4両編成。

特急サザン自由席が連なっているみたいな感覚です。

 

特急なのでアテンダントさんは、普段通り乗務されていました。



なんば駅を出発。

新今宮、岸里玉出と大阪中心部の駅に停まります。

 

天下茶屋駅を出発した先で南海本線と高野線が分れていきました。通過中の岸里玉出駅は乗換駅ですが、ホームはそれぞれ離れたところにあります。

 

事故現場の小田原車庫は御幸辻〜橋本の間にあり、右手には浮き上がっているような車両が見られました。

 

小原田車庫の最寄り駅である、橋本駅で下車しました。



小原田車庫の事故現場へ

河内長野方の踏切周辺で撮影。正面から見ると奥の車両が脱線し、もの凄くガタガタしているのがよく分かります。

 

国道371号線歩道より。先頭車両から2号車にかけて脱線しています。

 

1号車の折戸が半開きになっており、事故の生々しさを感じさせられました。

 

車両基地には既にクレーンが来ていましたが、各車両間の幌などが外されており、車両を移動させる準備が進んでいるようです。

 

実際見てみると予想以上に大規模な脱線で、非常に驚きました。

今後再発防止などに力を入れていただければと思います。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

\SNSでシェア/

鉄道コム

クリックで当サイトの応援お願いします! 鉄道コム

おすすめ記事

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-南海

Copyright© Pass-case , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.