中部 私鉄・三セク

9年ぶりにSLかわね路号に乗車【大井川鐵道2】

2017年10月23日

2016年5月3日(火祝)天気…晴れ

前回は金谷から新金谷までやって来ました。

新金谷駅からはこちらに乗ります。

SLかわね路号でした!

ちびっ子たちは大興奮です。

そりゃそうですよね。僕も小1の頃に来ましたが、それはそれは大興奮していたのをおぼえています。

時々ポッポーと大音量で汽笛がなっていて、すごく大喜びのちびっ子たち。当時中三の僕がそんなに喜んでいたら変な目で見られますね(苦笑)

 

ちびっ子達はまだこの良さが分からないかもしれませんが、客車についているサボの字体も田舎風景を思わせます。

 

乗り込むと右にはこの看板。

子供達には分かりやすいですけど、それ以外の人にとっては走行中の読み方に吹き出すでしょうね(笑)

SLかわね路は新金谷を出発。

多くの方々が手を振って見送ってくださいました!

 

さらに神尾駅に入ると車掌さんが「左手には狸たちが…」と放送するので見ると、

狸さんたちが見送ってくれますよルンルン

 

静岡らしい茶畑が綺麗に並んでいます。

規則正しく並んでいながら自然らしさが感じられるのが好きです…照れ

 

小和田駅の兄弟、大和田駅。

北海道の留萌本線にも同名の駅がありますよ。

 

しばらくすると鯉のぼりがかかっているのが見えました。

さて、ここで金谷駅で買ってきたこれを食べます。

大井川ふるさと弁当~お弁当

こちら、嵐の櫻井さんが「嵐にしやがれ」のお忍び旅で食したそう。

それでは開けてみましょう。

 

昔ながらのお弁当の印象で、インパクトがありますふりがな

特に駅弁に魚(ヤマメ)が一匹丸々入っているのは意外性があるのではないでしょうか。こちらは甘露煮で、骨も気にせずに食べることができます。

ほかのものも家庭的でおいしくいただけましたよ!

でも小さい子供さんにはきかんしゃトーマス弁当のほうがいいかもしれませんね。

こちらは独特な感じがするので大人向けです。

 

と、お弁当を味わっていると…

進行方向左側にも大井川が見えました。

いいなぁこの景色…

 

自然いっぱいの中をぬって走っており、窓も開いているのでかなり心地いいです。

 

今回は進行方向左側の座席だったので大井川を綺麗に見られる区間はあまり長くはありませんでした。

しかしこれまでご紹介したように大井川以外の魅力も十分楽しむことが出来ました。

 

そうこうしているうちに、大きな転車台と赤いトロッコ列車が見えてきました。

 

千頭駅に到着です。

 

皆さん機関車の前で記念撮影をしています。

 

というわけで僕もSLと共に記念撮影。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

千頭駅からアプト式鉄道、井川線に乗車

\SNSでシェア/

鉄道コム

鉄道コム

おすすめ記事(※タイトルと画像が一致しない場合タイトル優先)

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-中部, 私鉄・三セク

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.