九州 北海道 飛行機

【AIRDO九州デビュー】北海道の翼が福岡→新千歳就航!初便搭乗記[HC85デビュー(3)]

2022年7月1日

多くの人を魅了する北の大地、北海道。

内地と北海道を結ぶ航空会社として人気を誇るのが、北海道の翼AIRDOです。

 

フワフワっとした優しい雰囲気がとても好きで、すぐファンになってしまいました。

 

これまで本州側で就航していたのは、仙台・羽田・中部・神戸。

そんなAIRDOが遂に九州へやってきたのです!

 

長い時間乗れるAIRDO便が出来ないかなと思っていた矢先の出来事。すぐに予約をしてしまいました。

今回は本日就航した福岡→新千歳の初便に乗ります。

福岡空港に来まして、搭乗口前では就航セレモニーが行われているところ。

AIRDOが九州にまで路線を伸ばしたお祝いの言葉を述べられます。

 

そして、来賓の方々によるテープカットが行われました。

 

真っ黒な高級感を醸し出すスターフライヤーと並んで、奥にはゆるふわ感のあるAIRDO。

 

搭乗時には記念品をいただき、就航記念の横断幕でお見送りしてくださりました。

 

それでは黄色と水色のパステルカラーをまとった機体へ乗り込みましょう。

窓の外では横断幕を持って、手を振ってお見送りしてくださいます。

黄色い翼にいるベアドゥも初めての九州。

その帰り道も座席いっぱいのお客さんと一緒です。

 

飛行機は滑走路を走り始め…

 

福岡の市街地へ向けて飛び立ちます。

 

着陸時ほどではありませんが、市街地に近すぎる福岡空港の立地を感じさせる光景が広がります。

 

左手に見えているのは、おそらく阿蘇のカルデラ。

ここまで南下して東へと向かいます。

 

飛行機は関門海峡ではなく、乙女の形をした大分県の頭、国東半島から海を越えていきます。

 

徳山より東側、光や下松あたりで本州となりました。

 

中国地方を横断して島根県東部、宍道湖・中海が見えてきます。

 

境港へ鋭く半島が突き出ており、ここから日本海をまっすぐ進むことに。



機内サービスも通常と少々異なります。

普段から行われているドリンクサービスは、北見産のオニオンスープを。

そして、今日はハスカップのチョコクッキーが提供されました。

 

食べかけで申し訳ないですが、厚いチョコレートにはジュレが入っています。

 

また、こちらは搭乗時にいただいた記念品です。

 

中でもオリジナルのレンゲは、ネット記事でも紹介されていました。

福岡・札幌どちらもラーメンで有名のため選ばれ、対象店舗でこれを見せると割引も。



久しぶりの陸地は能登半島先端部です。

ここからは神戸〜新千歳便と同じような航路に収束します。

 

佐渡島を横切るようにして通りまして、日本海の真ん中まで来ました。

 

地図上では北海道上空に入ったところ。

 

ですが、東北より北から完全に雲海になっちゃいました。

 

到着20分前に着陸体制。

雲の下に降りてきまして、広々とした大地が姿を表し始めます。

 

やっぱりエアドゥはこういう景色が似合いますね。

 

どんどん高度を落としながら、石勝線・千歳線など線路を越えます。

 

そして14:52、新千歳空港に着陸しました。

 

航空路線の初便に乗るのは、これが初めて。

好きな航空会社が新たな路線を結ぶという、鉄道ではできない楽しみ方ができました。

 

これからもますます路線網が増えて、より気軽に乗れるようになったら嬉しいです。

 

最後にもお出迎えしてくださりまして、よき旅の思い出になります。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

次の記事
【最北の夜行バス復活!】札幌→稚内「わっかない号」夜行便乗車記[HC85デビュー(4)]

こんばんは。今日は札幌駅前に来ています。 これから目指すのは最北の街、稚内です。 札幌〜稚内の長距離バスには夜行便が設定されていたのですが、2年前からコロナの影響で運休になってしまいました。 それが2 ...

続きを見る

【YouTube版はこちら】

\SNSでシェア/

鉄道コム

クリックで当サイトの応援お願いします! 鉄道コム

おすすめ記事

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-九州, 北海道, 飛行機
-

Copyright© Pass-case , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.