九州 近畿 飛行機

【オススメできるMCC】コスパ最高のソラシドエア(神戸→那覇)乗車記

 

大学の授業を終えまして、今日はこれから沖縄へ向かいます。

利用するのは神戸空港からのソラシドエアです。

新快速で三ノ宮駅まで来まして、ここで乗り換え。

 

改札を出て南側のポートライナー乗り場へ向かいます。

 

ポートライナーは途中で分岐する系統もありますが、三ノ宮から神戸空港を一本で結びます。

 

新交通システムとなっておりまして、基本的に運転士さんはいません。

ディズニーリゾートラインのように一番前で景色を楽しめます。

 

三ノ宮駅から15分程で神戸空港に到着します。

 

神戸空港は改札を出てすぐ左側。通路も全く長くなくて、非常に便利です。

保安検査を終えまして、待合ロビーへ。

このSNA129便は神戸空港17:15発・那覇空港19:25着、ANAとの共同運便です。

 

それではボーディングブリッジを渡りまして機内へ。

 

丸みの帯びた座席で、頭部分は柔らかく座り心地の良いもの。

鉄道と比べればどうしても足元は狭くなってしまいますが、十分快適です。

 

ソラシドエアはMCC(Middle Cost Carrier)と呼ばれる航空会社です。

MCCは他にスカイマーク、エア・ドゥ、スターフライヤーがあります。LCCのPeachやジェットスターよりクオリティが一段階高く、人気がある航空会社です。

 

パステルチックな色がとても好きなので、この並びは最高ですね。

 

ちょうど発車したポートライナーとAIRDOに別れを告げます。

 

神戸空港には沢山のスカイマークが停まっています。

ぐんぐんスピードを上げまして離陸。

暗い海では神戸港から出港したタンカーと交わりました。

 

今日は生憎の雨で悪天候、しばらく暗い雲の中へ入っていきます。

 

しかし10分程経てば、太陽が出てきました。

 

雲で真っ白だった視界も晴れてきまして、四国上空を航行中です。



離陸から25分程、シートベルトサインが消えます。

高知県宿毛市上空で機長さんからアナウンスがされました。那覇の現在の気温は気温27℃とのこと、5月とは思えない暑さです。

 

高度は約12200m。大半が雲に隠れますが、少しだけ四国の陸地が見られました。



ソラシドエアはLCCと異なって、機内サービスも充実しています。

扇子やハンドクリームなど、ソラシドエアグッズや九州沖縄地区の商品が中心です。

 

無料のドリンクサービスは、アゴユズスープ、ホットコーヒー、お茶、アップルジュースとなっています。

 

選んだのはアゴユズスープ。

長崎県産のアゴ(トビウオ)に大分県産のユズを加えたオリジナルスープとのこと。深い出汁が取れており、とても美味しかったです。



雲もオレンジに染められて、夕焼けに近づきます。

ここから高度を下げまして、那覇空港へ着陸体制に入ります。

 

足元には島の陸地が見えてきました。

 

雲の上でも日が落ちてきまして、下側では既に暗くなっています。

 

海のすぐ上を駆け抜けまして、那覇空港へ着陸です。

 

今回は2週間前までのバーゲン14で、6740円でした。

 

リーズナブルでありながら居心地の良い空間となっており、非常にバランスの取れた飛行機に感じます。

また九州沖縄方面へ向かう際には是非利用したいです。

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

\SNSでシェア/

鉄道コム

クリックで当サイトの応援お願いします! 鉄道コム

おすすめ記事

タグ

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-九州, 近畿, 飛行機

Copyright© Pass-case , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.