バス JR

豪華夜行バス『WILLERリボーン』とサンライズ『ノビノビ座席』を比較

 

東京~大阪には様々な交通手段があります。

これは夜間に移動する場合も同じで、格安の夜行バスから寝台特急まで、大きな幅です。

こちらは寝台特急サンライズ、指定席料金だけで利用できるノビノビ座席。

 

そして同じ価格帯の夜行バスのWILLER EXPRESSリボーン、大きなシールドで囲まれた豪華夜行バスです。

今回はこの2つを比較してみます。

サンライズのノビノビ座席は完全フルフラットで、寝っ転がれるのは非常に大きなメリットです。

振動もバスよりは小さく、比較的快適に眠りにつくことができます。

 

夜行バスはフルフラットにすることができません。

一方、リボーンのリクライニングは国内でも最大級の150°、夜行バスの中ではトップクラスです。

 

またバスの方がどうしても振動も大きく、ペットボトルの水面も大きく揺れます。

 

ノビノビ座席で一番足りていないと思われるのが、コンセントが無いこと。列車が登場した当時とは異なって、今ではかなり重要な点になっています。

 

しかしリボーンにはコンセントが備えられており、この点はかなり大きなメリットです。

 

最後に、サンライズには330円で入れるシャワー室もあります。

時刻

サンライズ瀬戸・出雲

大阪(0:33)‐静岡(4:40)‐富士(5:10)‐沼津(5:27)‐熱海(5:45)‐横浜(6:45)‐東京(7:08)

大阪駅の出発はかなり遅いため、夜までお酒を飲んでからでも東京へ向かえます。また、途中の静岡から先でも下車できるのもメリットです。

 

WILLER EXPRESSリボーン

WBT大阪梅田(22:00)‐京都駅八条口G2のりば(23:10)‐池袋駅西口(7:15)‐東京ディズニーランド(8:00)

出発時間が早く所要時間は9時間ですが、睡眠時間としては長い間とることができます。



料金

サンライズノビノビ  12400円

WILLER EXPRESSリボーン 10900円(参考)

バスに関しては運行日によって異なり、参考料金より低価格の場合も多いです。

 

それぞれの詳しい乗車記については、以下をご覧ください。

新幹線より安くて快適!サンライズノビノビ座席の利用価値が高すぎた(1)

  ここは人が全くいなくなってしまった夜の大阪駅。これから東京駅へ向かいます。   しかし既に日付は変わっており、当然もう新幹線は出ていません。   それどころか大阪駅か ...

続きを見る

大手夜行バス会社が本気の快適性を追求しました[WILLER exp.リボーン 乗車記]

  21:20、こちらは大阪駅、これから東京へ向かいます。 当日中に東京へ新幹線へ行くなら21:15の列車で新大阪、そして新幹線に乗る必要があります。   そこで乗車するのは夜行バ ...

続きを見る

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

\SNSでシェア/

クリックで応援お願いします!

おすすめ記事

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-バス, JR

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.