関東 JR

湘南貨物駅跡にできる東海道本線の新駅・村岡新駅の開業が決定!周辺も再開発へ

2021年2月8日、神奈川県,藤沢市,鎌倉市とJR東日本 横浜支社は東海道本線の大船〜藤沢に『村岡新駅(仮称)』を設置することについて合意しました。
4者は新駅の位置、費用の負担割合に関し、基本事項についての覚書を締結しています。

 

新駅ができるのは湘南貨物駅だった跡地。1985年の貨物駅廃止直後から要望されていましたが、その開業が正式に決定したということです。

 

新駅は大船駅から約2.6km、藤沢駅からは約2.0kmの場所。詳細な位置は藤沢市宮前付近とされており、現在TSUTAYA村岡店の辺りです。
駅間距離が長かった大船駅〜藤沢駅の間に新駅が設置されることで、湘南モノレール以外に鉄道が無かった周辺地域の交通利便性が向上します。

現在新駅周辺の『村岡地区(藤沢市)』と『深沢地区(鎌倉市)』では新しい一体的なまちづくりが進むところです。

村岡新駅はどんな駅になる?

発表された概略設計によると、この駅は橋上駅舎で、プラットホーム上に駅舎が作られます。自由通路を備えることで駅北西側と駅南東側を行き来可能です。

 

駅舎の敷地面積は約880㎡で、藤沢市は村岡地区に駅前の立地を生かして交通広場が作られます。駅だけでなく深沢地区(鎌倉市)に向かう『シンボル道路』も整備。
途中に流れる柏尾川には新たな橋を架け、両市の一体的なまちづくりを進めます。

開業までのスケジュール

村岡新駅は2018年に神奈川県と両市が基本合意を締結、新駅設置協議会を設けて準備を進めていました。
しかし新駅設置には反対意見も一部であって、2021年1月12日に『村岡新駅とまちづくりを考える会』が新駅設置中止を求める署名(約5100筆)を県知事、藤沢市長宛てに提出したばかりでした。

今後、2022年度からは新駅の詳細な設計に着手します。国土交通省への申請などを経て、施工期間は8年ほどかかるとみられており、開業は2032年頃です。



『村岡新駅』と一体的なまちづくり

先にも触れましたが、村岡新駅は駅が設置されるだけでなく、藤沢市と鎌倉市のまちづくり構想も計画されています。

 

藤沢市と鎌倉市はかつての鉄道用地を中心に再開発。藤沢市の村岡地区(8.6ha)は1985年に廃止された国鉄湘南貨物駅の跡地、鎌倉市の深沢地区(31.1ha)は2006年に廃止されたJR東の鎌倉総合車両センターの跡地を利用します。

駅周辺には湘南ヘルスイノベーションパークがあって、神奈川県知事は「ヘルスケア・イノベーションの最先端拠点としてのまちづくりが加速する」とコメントしていました。
鎌倉市は非常に広い深沢地区に市庁舎の移転や住宅地の整備を行い、鎌倉駅・大船駅周辺に続く鎌倉市第3の拠点と位置づけます。



負担割合と利用者見込み

村岡新駅の事業費の概算は約150億円とされ、建設費が133億円、駅設置に伴うシステム改修費が11億円の内訳が出されています。事業費は県が30%、藤沢、鎌倉両市が27.5%ずつ、JR東が15%負担。
新駅を設置する場合、自治体が費用を全額負担するケースが多いですが、村岡新駅はJR東日本も費用を負担、これはあまり予想されていませんでした。

乗降客数は1日6万5千人と想定され、3万5千人が周辺の駅から新駅へ流れると考えられています。それに加え、まちづくりによって新たに3万人が利用客となることが期待されるとのことです。



「村岡新駅」駅名はどうなる?

村岡新駅はあくまで仮称で、正式な駅名はまだ決まっていません。
一見ありそうですが村岡駅はまだ無いので、地名をそのまま使うなら「村岡」駅。
また、一体的なまちづくりをしているとアピールするのに「村岡深沢」駅も考えられます。

 

一方でJR東日本ならば何か常軌を逸した駅名を付けてくれるかもしれません。これまた楽しみなポイントですね。

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

参考
スーパービュー踊り子の車両で行く、おはようライナー新宿26号からの東海道貨物線 前面展望【前編】

(広告) 首都圏の通勤電車の混雑は大変激しく、グリーン車ですら立ち客が出ることも日常茶飯事です。 そんな中、JR東日本はすべての人が座ることのできるライナーを走らせています。今回乗車しますおはようライ ...

続きを見る

\SNSでシェア/

クリックで応援お願いします!

おすすめ記事

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-関東, JR

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.