中国・四国 JR

三江線を巻き込んだ大洪水が分かる鹿賀駅【三江線駅めぐり7】

2018年8月18日

前回
縁起の良い駅名!千金駅【三江線駅めぐり6】

  ↑次に下車した駅は三江線の秘境駅の2番手。   ↑千金駅です! 千金駅、と聞いて金!?と思いましたが金は金でも金属。砂鉄がとれたことからだそうですよ。   ↑三江線石 ...

続きを見る

 

2017年3月21日

2両編成の列車を見送ってやって来たのはこちら。

 

↑鹿賀駅でした。

 

↑鹿賀駅の三江線石見神楽愛称駅名標は「道返し」。神楽中に登場するタケミカヅチを駅前の春日神社に祀っていることから名付けられました。

 

↑待合室内

三江線ではお馴染みの壁にベンチ、ポスターが多めの待合室。

 

↑ホーム

単式ホームの1面1線。ブロック造りの待合室です。

 

↑上の江川水系県立公園ですが、県立公園と言うだけあって、かなりきれいな河川景観が楽しめるそうですよ。

 

↑駅横には昭和47年7月21日に鹿賀駅を襲った江の川洪水の到達ラインが記されていました。

 

↑鹿賀駅

トイレつきの駅のため、横にやや長い待合室。駅までの道は整備されたばかりなのでしょうか、とてもきれいです。

さて、ここから隣の因原駅まで3キロ、歩きましょうね!

 

鹿賀駅周辺の集落を過ぎると森のなかを歩くことになります。

 

↑ここから川本町へ。

 

↑そして先ほどまでは江津市でした。

 

川本町に入り、しばらくするとパチンコ店やドラッグストアが見えるほど大都会になります。

その辺りに「道の駅・インフォメーションセンターかわもと」があるので休憩とします。

 

↑ガムの自販機があったんですが、僕は初めてみました。父は普通に見ると言ってましたが…。

 

築80年超の木造駅舎、因原駅

\SNSでシェア/

クリックで応援お願いします!

おすすめ記事

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-中国・四国, JR

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.