中部 私鉄・三セク

大井川鐵道の金谷駅&新金谷駅【大井川鐵道1】

2017年10月19日

2016年5月3日(火祝)天気…晴れ

皆さんは漢字を間違えたことはありますか?

例えば

完璧完壁

洒落酒落

三昧三味

こんなふうに。

ちなみに僕、完璧を完壁って書いてました(笑)

では、自分の漢字を間違えた人はいますでしょうか。

そんなののび犬君くらいですかね?

そんな、自分の漢字を間違える駅に来ました。

 

大井川鐵道金谷駅です。

大井川鐵道は2000年まで「大井川道」を名乗っていましたが、その後、子会社の「大鉄技術サービス」を合併したことで「大井川道」となったのでした。

ですから正確には書き間違えではなく、書き直し忘れですね。

経営が厳しい現実がありますから、書き換える費用を押さえているのでしょう。

他にも「鉄」は「金」を「失」うと書くから縁起が悪い、という説もあります。

ちなみに、一部の新聞社は新字を使う決まりがあるので「大井川道」と書かれています。

しかし、鉄を鐵、もとい、鐵を鉄と書いただけでこんなに語れる駅、路線なんて、そんなにありますかねぇ(笑)

 

改めまして、大井川鐵道金谷駅。

正直すごく地味。クリーム色の外壁に暗い赤。でもこの地味さ、僕、嫌いじゃないですよ。

 

駅前には観光案内所。

屋根の形が特徴的です。大井川鐵道の駅舎に似せてる気がします。

案内所ないにはパンフレットが豊富らしいです。

僕は入ってないのでHPの情報ですが(笑)

 

こちらは改札口。

ごめんなさい。逆光です…。

中央に駅員さんが入る有人駅です。

 

それでは入場。

こちらが大井川鐵道のホーム、1番線ホームです。

 

この錆びてきている駅名標もよいですね。

 

千頭の豊川稲荷。

豊川稲荷はいろんな所にあります。それを知ってても愛知県のイメージが強く、地元感しかしない(笑)

 

では、ここから新金谷までいきます!

 

新金谷にはすでにSLが到着しておりちびっ子たちが駆けつけてました。

とりあえずは駅を見ましょうね。

 

改札口。

こちらも逆光…。金谷駅よりも町の中心にあるので駅員もこちらの方が多いです。

それもそのはず、本社はここですから。

 

駅舎内には木造のSL

地元の方が作ってくださったのですかね?

 

レトロな木造駅舎。

間違いなく和の要素があるはずですが、色合いによって洋風感が漂います。

この駅で17分は短いなぁ。

もっといたかった…。

 

1面2線の島式ホーム

この跡から明るく塗りましたっていう真っ青の上屋、たまらないです。

そりゃ、昔の色のほうがレトロでいいですけど、これでも十分伝わってきますよ。

ここで駅名標を探すのですがなかなか見つかりません…。

仕方がないので簡易駅名標で今回は我慢。

と思ったら完全に逆光…。

僕、写真運悪すぎやしませんかい?(苦笑)

 

9年ぶりにSLかわね路号に乗車

\SNSでシェア/

鉄道コム

鉄道コム

おすすめ記事(※タイトルと画像が一致しない場合タイトル優先)

パスケース

鉄道・バス等公共交通機関を利用した旅行の様子をご紹介します。交通機関のレビュー、車窓の解説が多いです。

-中部, 私鉄・三セク

Copyright© Pass-case , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.