中部 私鉄・三セク

解体が始まったピーチライナー 小牧駅の解体の様子は?【2020桃花台線 前編】

ピーチライナーは2006年に廃止されましたが、路線や駅舎が長い間残っていました。実際似2017年の秋には全駅歩いて回り、多くの遺構が残っていたのを覚えています。

それから2年半、遂に駅舎の解体が始まったということを聞き、今回は再び廃駅探訪をすることになりました。

もしよろしければ2017年秋当時の駅めぐりの様子の記事を先にお読みいただければと思います。

廃止から11年、ピーチライナーの遺構が残る小牧駅【桃花台線1】

今回は全国的にも有名なピーチライナー(桃花台線)の廃駅めぐりをしてきました。 訪問当時は2017年。これまで桃花台線の高架は撤去されずに残されてきたのですが、いよいよ撤去工事が進むということを聞き付け ...

続きを見る


名鉄小牧駅は地下駅にあり、ピーチライナーは高架のため、地上へ階段へ出ます。

外へ出ると駅舎のあったあたりは工事用のフェンスで囲われていました。

2017年に訪れたときはシャッターは閉じられていたものの、現役とほとんど変わっていませんでした。

 

ピーチライナー高架下にも入り口がありましたが、駅舎は解体され、通路もアスファルトで新たに舗装されました。

 

小牧駅を正面から見ると、廃線跡の高架だけが残り、駅舎は完全に解体されてしまっているのがよくわかります。

 

それでは小牧駅のすぐ近くにある歩道橋から駅跡を見てみましょう。

 

駅跡の方向を見てみると、プラットホームの床面と、駅舎からホームへ上る階段だけがわずかに残っていました。

 

途中まで解体されていて、上ることのできない階段、なんだか不思議な感じがしますね。

 

ホーム階の下の部分を見ると、ホームの下にもスペースが見られました。

改札は1階にあったようなので、ここはコンコースにあたります。

 

反対方向を見てみると、ピーチライナーの象徴でもあるループ線が残っています。

桃花台東駅の方が迫力はありますが、市街地の中に大きなループ線があるのは面白い光景ですね。

 

さて、それでは今回も桃花台東駅を目指して歩いていきます。

少し前までは小牧市のレンタサイクルがあったのですが、2019年春に無くなってしまったそうです。

今回の記事では2017年秋に訪問したときに撮影していなかったものや、変化があったところを紹介します。

それほど変わっていないと感じたところについては以前訪問したときの記事のリンクを貼っておきますので、ぜひそちらをご覧ください。

 

自動車道の下を通るために急降下するあたりには歩道橋があるため、ピーチライナーの線路が見られます。

前回は見るのを忘れてしまっていたため、のぼってみます。

 

少し目の細かいフェンスがあるのでカメラをぴったりくっつける必要があります。

新交通システムらしい独特な軌道面がはっきり見られました。

 

反対側を見ると地下から高架へ登っていく名鉄小牧線、草に侵食されつつあるピーチライナーの廃線が隣り合っています。

 

歩道橋のすぐ近くにはピーチライナーの高架で行き止まりになった廃道がありました。

ピーチライナーがまだ開業しておらず、名鉄小牧線だけが通っていた頃は踏切があったようです。

しかし、隣にピーチライナーの線路が作られることになったため、踏切や道路が無くなりました。

新しく線路を敷くときは踏切を作ってはいけないことになっているためです。

 

ピーチライナーの小牧原駅は以前と変わりありませんでしたが、名鉄の方は塗装が変えられ、青色の屋根になっていました。

【ジェットコースターの高架】勾配の起伏が激しすぎる小牧原駅周辺【桃花台線2】

小牧駅から高架に沿って小牧原駅方面に歩いていきます。   高架は県道102号線の広い道路の上から右側にそれて、   広い道ながら、ひっそりとした住宅街へ入りました。   ...

続きを見る

 

続いては東田中駅、

 

上末駅といった広い道路の上にある駅を訪れました。

 

以前訪れた時は気づかなかったのですが、上末駅には田んぼの中にお手洗いと自転車置き場がありました。

極限まで費用削減されたピーチライナーの途中駅。東田中駅&上末駅【桃花台線3】

小牧原駅から東へカーブした立派な桃花台線の高架は国道155号線の頭上を走り続けます。   次の駅、東田中駅に到着です。 新交通システムやモノレールによく見られる、大きな柱で支えられた駅舎にな ...

続きを見る

 

きつい桃花台の丘を登っていき、いよいよ桃花台ニュータウンへ向かいます。

 

すると、ちょうどこのあたりでピーチライナーの高架が解体され始めているのが見られました。

 

長い距離ではなかったですが、ここからだんだん解体が進むのかなと感じます。

 

なぜここで突然解体工事が始まっているのかはよく分かりませんが、高架下には道路が無く、遊歩道があるだけなので解体しやすかったのでしょうか?

 

さて、それでは今回はここまで。今度は最も解体が進んだ、桃花台東駅までをご紹介します。

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

後編
本格的に解体。骨組みだけとなった桃花台東駅を訪問【2020桃花台線 後編】

前回は解体がかなり進んだ小牧駅をご紹介し、桃花台線高架線に沿って歩きました。   桃花台西駅に到着です。 駅前に広場のある桃花台西駅。ピーチライナーが走っていた頃には『エステ』というショッピ ...

続きを見る

\SNSでシェア/

おすすめ記事

パスケース

鉄道関連の話題について解説したり、鉄道旅行の様子をご紹介しています。

-中部, 私鉄・三セク

Copyright© Pass-case , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.